Windows環境でのWinSCPの利用

暗号化することにより安全に通信できるものとして、SSH(Secure SHell)があります。 SSHを利用してファイルをコピーするSCP(Secure Copy)という方法があります。

以下ではWindows 上で利用できる SCP のソフトウェア「WinSCP」の説明をします。


WinSCP について

WinSCPは、SSH(Secure SHell)機能を持ったサーバーへSCP(Secure Copy Protocol)サービスを使ってファイル転送を実現するソフトウェアです。

ダウンロード場所:http://winscp.sourceforge.net/eng/download.php

日本語化:    http://winscp.net/eng/translations.php

日本語化 方法(インストール版のみ)

  1. ダウンロードした「 jp.zip 」を解凍すると「 WinSCP.jp 」というファイルができます。
  2. インストールしたディレクトリ(C:\Program files\WinSCP)にコピーします。
  3. WinSCPを起動し、左下にある「 Languages 」ボタンを押し「 japanese 」を選択します。

使い方

1. WinSCP のアイコンをダブルクリックすると起動します。

2. 下図が起動したら、「 Session 」に「ホスト名」「ユーザー名」「パスワード」を入力します。

WinSCP Login

この設定情報を保存したい場合は、「save」を選択します。

3. ユーザー名とパスワードが正しければ下図のようなウィンドウが表示されます。

4. ファイルを選択し、指定した場所にファイルをダウンロード・アップロードします。

WinSCP画面

5. 終了するときは、「Session」メニューから「Disconnect」を選びます。

便利なカスタマイズ

上記の形式の画面では、ドラッグして複数のファイルを選択することが できません(多分)。

使い慣れている「Explorer」形式には次のようにして変更できます。

1. 「Options」→「Preferences..」をクリック(画面2)。

2. 「Explorer-like」に変更します。

設定変更

WinSCPを再起動することで、この設定は有効になります。

Valid XHTML 1.1! Valid CSS! 初版更新日 2002/03/18   最新更新日 2005/03/21