ホーム > ファミリーヒストリー > 先祖の墓石から分かること

先祖の墓石から分かること

スポンサードリンク

日本国内で家系を調べる場合、役場で戸籍謄本や除籍謄本を取得していけば、だいたい200年前後以前に生まれた先祖までは比較的容易に遡ることができます。

しかし、それ以上調べようとした場合には、明治以降に施行された制度である戸籍簿だけでは限界があります。

そんな時は、家族や親戚に話を聞いたり、役場で除籍簿をたどる以外に、もう少し深い調査をすることになります。

そのもっとも身近なところにあるヒントが、お墓です。

お墓参りに行ったら、墓石に何が書かれているのかを見てみましょう。

先祖の名前、戒名や俗名、命日、享年などのほかにも、意外なヒントや、貴重な情報が得られることがあるからです。

古い本籍地にいけば、江戸時代から明治時代からの古いご先祖様の墓に出会うケースも多いでしょう。

その墓石からも多くの情報を見つけることができます。

地方へ行くと、お墓には必ずしも寺の境内ではなく山の中腹であったり、田畑の横にあったりします。

そうした村の共同墓地では、墓の配置を見るだけでも先祖の暮らしぶりが見えてきます。

墓石起源

江戸時代までは「喪葬令」によって、平民は墓を造ることが禁じられていました。

そのため、百姓(農民)や町人など一般庶民は、川辺・海岸・山の中に埋葬されていました。

よほどの権力者か支配階級、財力のあるものでなければ、墓石を建てることはありません。

ただし、堺の商人達は、財力に物を言わせ寺院に多額の布施を贈り、院号、居士号をつけてもらい、大きな墓の建立を始めました。

undefined

そこで、11代将軍徳川家斉は、寺社奉行松平信順、堀親王らに命じて百姓・町人の院号、居士号使用の禁止と、百姓町人の墓石の大きさを台石を含めて高さ4尺(約1m20cm)に制限しました。

これが天保2年(1831年)4月に施行された「墓石制限令」であり、ここから墓地の始まりとなります。

※ ただし、目の届かない所では大きな墓が次々と建立されていました。

墓の表記は「個人墓」→「夫婦墓」→「先祖代々之墓」に推移していきました。

 100

明治17年以降は「先祖代々之墓」が普及していくようになってきました。

同姓の墓地が固まっている場合

幕末から明治にかけて分家をする際には、本家が分家する田畑や居住用の土地を分け与えます。

このため、地方では今では同姓の家が一つの場所に固まっているケースが多いです。

田畑・屋敷という財産を分け与えて独立するので、自然と上下関係が生じます。それが墓石の配置にも現れます。

本家(総本家)の見つけ方

  • お寺が近くにない墓地では、本家ほど高い位置に墓がある
  • 山の中腹に墓地がある場合、本家ほど少し高いところに墓がある
  • 太陽が昇る東側に本家の墓がある
  • 河口の埋立地などは、上流方面に本家の墓がある

それを取り囲むように分家の墓、さらに下(西・下流)の方に分家の分家の墓があるという感じになります。

明治時代以降にお墓を移動したケースもあります。これは一般的な例です。

墓石の調査方法

墓石に彫られた文字列を正面、左右、裏面と余すことなく観察していきます。

そしてメモを取りカメラで撮影していきます。

江戸時代後期のものであれば、墓石の文字は肉眼で読み取れるかもしれません。

気になる墓があれば、墓の前に手紙を出そう

すぐ隣に同じ名字で同じ家紋の墓石があるが、墓の管理者が誰か分からない。

でも、何か関連があるはずだから、その墓石の管理者に話を聞いてみたい。

という場合には幾つかの方法で墓の持ち主が分かります。

  • お寺の境内の場合は、ご住職に尋ねる
  • 地方の共同墓地のように管理者がいない場合は、手紙をその墓の前に置く

手紙を置く場合は雨で濡れないようにクリアケースのようなものに入れるなどして置いておきます。

先祖探しをしているので、何か知っていたら教えて頂きたいと書いて、自分宛ての返信封筒を入れておくと良いでしょう。

スポンサードリンク

オススメ書籍

人気コンテンツ