ホーム > ファミリーヒストリー > 先祖調査のための家紋の豆知識

先祖調査のための家紋の豆知識

スポンサードリンク

家紋(Family crests)は、古くから出自(しゅつじ)などの家系、血統、家柄、地位を表すために用いられてきた紋章です。

約241種5116紋以上の家紋があると言われています。

家紋の由来

家紋の起源は大昔に洞穴に彫刻したり、衣類に織り込んだり、それぞれの用具に付けたりした簡単な標が始まりです。

その後さまざまな模様に発展していきました。

お墓同様、家紋が支配者階級から一般庶民に広まっていくのは、江戸期の高度経済成長時代といわれている元禄の頃(1688年 - 1707年)からです。

庶民に広まるにつれて、装飾に凝るようになってきました。

なお、家紋にが付くようになったのは、元禄期の天下泰平の時代の象徴ともいわれます。

さらに、女紋として「揚羽紋」が伝わっている家が西日本地域には多いのですが、これは平家の女系の流れであることを示している場合が多いです。

家紋の種類

江戸時代になると、装飾的な家紋が自由に創作されるようになりました。

逆にいうと、祖先を探る情報として役に立つのは、元禄時代以前から用いられていたと思われる家紋となります。

比較的自由に使われるようになった家紋は「通紋」と呼ばれました。

代表紋(だいひょうもん)・表紋(おもてもん) その氏族の代表的な家紋として用いられる
定紋(じょうもん) 公式に示すための正式な家紋として用いる
替紋(たいもん) 定紋以外の家紋として使用
通紋(つうもん) 江戸時代に武家でなく庶民も利用
拝領紋(はいりょうもん) 家臣が主君から授かった君主の家紋

婚姻や分家などで、本家の家紋が使えなくなった時に、本家の家紋のデザインを真似て作ることが多く、そうした意味において家紋には親族を探るための多くのヒントが隠されています。

また、重要なことは、ひとつの家が複数の家紋を持っているということです。

お墓などに刻まれた家紋が違うからといって、そのお墓はご先祖のものではないと判断するまえに、その家紋が自分の一族で使われた形式がないか、もう一度調べてみて下さい。

スポンサードリンク

オススメ書籍

人気コンテンツ