ホーム > ファミリーヒストリー > 享年は数え年、没年齢は満年齢で記載される

享年は数え年、没年齢は満年齢で記載される

スポンサードリンク

undefined 「享年21(19歳没)」の意味が分かりません。なぜ2歳も離れているのでしょうか?

享年は数え年、没年齢は満年齢で記載されたためです。

享年(キョウネン、つまり、なくなった年)は、数え年で数えます。

1950年に法律がきびしくなるまでは、一般的には、数え年で年を数えていました。

例)誕生日が1987年12月2日、没年日が2007年9月18日の場合

数え年とは、生まれた時を1歳とし、正月を向かえるごとに1歳ずつ足していく数え方です。

1987年12月2日生まれですから、

  • 生まれた日である1987年12月2日ではすでに1歳
  • 初めての正月を迎えた1988年1月1日で2歳
  • それから19年後の2007年1月1日で21歳

となります。

2008年の正月はまだ迎えていませんから、この方のなくなった、数え年での年齢、つまり享年は、21歳、となるわけです。

次に、満年齢での、無くなった年齢の計算ですが、

2007年引く1987年は20(歳)ですが、

誕生日である12月2日は、2007年ではまだ迎えていないので、20引く1は19、つまりこの方のなくなった満年齢は19歳

となるわけですね。

このようなことから、数え年と満年齢は、だいたい2歳の開きがあるわけです。

誕生日が来て次の正月が来るまでの間だけ、開きは1歳に縮まる、というわけです。

享年が便利な点

誕生年が分からなくとも、享年と没年が分かれば分かります。

これが満年齢で記載されている場合は、曖昧となります。

例)大正11年(1922年)3月26日没 享年82歳

誕生日 満年齢 数え年(享年)
天保12年(1841年) 1月 1日 81 歳 82 歳
天保12年(1841年) 3月25日 81 歳 82 歳
天保12年(1841年) 3月27日 81 歳(※1) 82 歳
天保12年(1841年) 3月28日 80 歳 82 歳
天保12年(1841年) 3月28日 80 歳 82 歳
天保12年(1841年)12月31日 80 歳 82 歳
天保13年(1842年) 1月 1日 80 歳 81 歳
天保13年(1842年) 3月25日 80 歳 81 歳

※1 満年齢は誕生日前日の午後12時に加齢されます

この場合、誕生年は「天保12年(1841年)」である事が確定します。

数え年で記載されている場合は、誕生年が確実に決まります。

スポンサードリンク

オススメ書籍

人気コンテンツ