タイトル画像
サイトタイトル画像

お金を稼ぐ・不労所得を得る方法まとめ

サラリーマン・主婦・学生向けに「世の中のお金の仕組み」について説明しています。実際に稼いでいる人にアンケートを取ったり、取材して分かった現状をお伝えします。

undefined

↑こんなサイトに騙されて情報教材購入マニアにならないでください!

世の中は「不平等」です。金持ちにはドンドンお金が集まり、貧乏人には今の状況を打破する事を考える時間さえ与えてくれません。

しかし、唯一「平等」なものがあります。

どんな人でも1日は24時間しかない

この有限で大切な時間を、どのように過ごしても・・・・

  • テレビ・マンガを見て過ごしても・・・
  • 飲み歩いて過ごしても・・・
  • メールをして過ごしても・・・
  • お友達とおしゃべりして過ごしても・・・
  • 意味もなくASPの報酬画面やアクセス解析を見て過ごしても・・・
  • Facebookやmixiにログインして友達の投稿をボーッと眺めても・・・
  • 怪しい内容のメルマガを読んで過ごしても・・・
  • 必死に目の前の壁を乗り越える努力をして過ごしても・・・

全て『全く同じ時間』なのです。

もしあなたが、一回5分、一日4回ソーシャルメディアをチェックしたとします。
1日20分。1年間で約120時間。時給1000円の高校生のアルバイトでさえ、12万円の経費がかかっていることになります。
あなたはもっと高給取りのはずです。
あなたがやっている事にそれだけの価値はありますか? 

このサイトを見ている人は「今の現実から変わりたい」と望んでいるはずです。

先人たちの成功・失敗経験のおかげで「何が儲かるビジネスか?」「どれが自分に合っているか?」が分かりやすい時代になりました。

是非とも自分の時間・家族の幸せ・老後の生活を大切にするために、今から副業に取り組んではいかがでしょうか?

リスク分散の考え

今の時代、節税もほとんど出来ないサラリーマンほど損な仕事はありません。

とはいえ「年収を○○倍にする」という書籍に惹かれて読んでみても、現実離れした情報ばかりで役に立たないのがほとんどだと思います。

多くのサラリーマンは年収○○倍に憧れつつも、独立する勇気がなく、奥さんや子供のことを考えてリスクを取るより今の毎日が大事と思っている。これが現実です。

サラリーマンの心理としては、

  • 普通に働いて月々の安定収入を得るというのが最も安全で効率のいい生き方
  • もし会社を辞めずに所得を増やすことができたらラッキー

くらいではないかと思います。

「株や投資ではリスク分散が大事」とは、どこかで学んでいるはずです。

にも関わらず「自分自身の所得のリスク分散」は考えようとしません。

なぜでしょうか?

それは、不利益な知識は何一つ教えないような教育指導案になっているためです。

日本の教育は従順なサラリーマンを量産するのが目的なのです。

サラリーマンしながら収益を集中させない方法

一般的に「サラリーマンのリスク分散」として最良だと考えられているステップは次のとおりです。

  • ステップ0:給料を確保する
  • ステップ1:ネットビジネスでスモールスタート
  • ステップ2:株式投資で配当を得る(インカムゲイン)
  • ステップ3:寄稿、出版、講演を展開
  • ステップ4:不動産投資や事業投資に進出

これら4つのステップを満たせれば、次の図のような所得構成が実現できます。

undefined

簡単に言えば本業である会社からの安定した収入をベースとし、さらに本業で培った専門知識や趣味を利用して、自分の価値を社外でビジネス化する独自のキャリアスタイルを築くことです。

なお株や不動産をステップ2以降にしているのは、資産もなく知識も乏しい時期に始めるべきではないからです。

実現ステップ

次のような実現ステップを順に目指すことを目標にします。まずは小遣い水準を超えましょう。

不労所得(年)
3万円(36万円)~ 小遣いを給料から持ち出さなくてよいこと。小遣い水準。
5万円(60万円)~ 基礎年金と同水準であること。
10万円(120万円)~生活保護と同水準であること。
15万円(180万円)~家族が最低限の生活ができること。非正規雇用水準。
20万円(240万円)~大卒初任給と同水準であること。
25万円(300万円)~厚生年金と同水準であること。
30万円~ 家族が生活できること。平均給与水準。
50万円~ 家族が少しゆとりある生活ができること。
100万円~ 家族が十分ゆとりある生活ができること。
150万円~ 会社が設立できること。
300万円~ 会社の利益で社会に貢献すること。(雇用創出、支援など)

このサイトでは、副収入を得るための方法をお伝えします。

オススメ書籍

副業に役立つ書籍を紹介します。

Copyright ©2016 .(since 2011/12/26)