タイトル画像
FASHIONラブ画像

女性ファッション誌系統まとめ

女性ファッション誌ジャンル別分類

女性ファッション誌ジャンル別分類
  • 注意)上下・左右は傾向が近く、重複要素は大きな違いは無い。
  • 注意)ananは恋愛自己啓発雑誌だがファッション誌的要素もあるので追加。
  • 注意)小悪魔agehaは姉ギャル向けヘアメイク&ファッション誌なので追加。
  • 注意)「お洒落っ子≠オシャレ」。「お洒落っ子≒原宿系」の意味。

ファッション誌発行部数ランキング(一部抜粋)

  • 1位  『InRed』(宝島社) 260,085部
  • 2位  『sweet』( 宝島社) 242,567部
  • 3位  『MORE』(集英社) 2313,28部
  • 4位  『VERY』(光文社) 230,324部
  • 5位 『non・no』(集英社)  227,379部
  • 6位 『Seventeen』(集英社) 201,371部
  • 8位 『with』(講談社) 185,118部
  • 12位 『ViVi』(講談社) 178,671部
  • 13位 『STORY』(光文社) 169,448部
  • 16位 『steady.』(宝島社) 144,758部
  • 18位 『CLASSY.』(光文社) 141,528部
  • 20位 『BAILA』(集英社) 130,233部
  • 22位 『ポップティーン』(角川春樹事務所) 113,079部
  • 25位  『AneCan』(小学館) 107,919部

年齢別の女性ファッション系雑誌

対象年齢 雑誌名
10代後半~20代 mini、SEDA、CUTiE、JILLE、non・no、Ray、CanCam、JJ
女子大生~高卒OL向け ViVi
ViVi 卒業世代向け GLAMOROUS
20代中心 BLENDA、EDGE STYLE、Steady.、SPRiNG、MORE
20代OL向け with
20代~30歳まで VoCE
20代後半~30代前半向け style
20代後半~30代 Oggi、CLASSY、MISS
20代後半向け FRaU
30代以上向け Grazia

○○系の説明とファッション誌系統

注意)スタイルは主観的要素が強いため、参考程度だと考えてください。

裏原系

ポップな色使い、古着ミックス(レイヤード(重ね着))が特徴。
文字通り原宿を庭とするスタイル。
奇抜な髪型、ポイントカラーなどをしていることもある。

  • 【代表雑誌】
    • CUTiE(キューティ) / JILLE(ジル)

お姉系

お姉系

モテを意識した一般受けするスタイル。

  • 【代表雑誌】
    • CanCam(キャンキャン) / ViVi(ヴィヴィ) / JJ(ジェイ・ジェイ) / Ray(レイ)
  • 【主なブランド】
    • マウジー / J&R

ガーリッシュ系

少女のような可愛らしい格好のスタイル。ガーリッシュとはガール・スタイリッシュからきた和製英語。

  • 【主なブランド】
    • トゥモローランド / DO FAMILY
  • 【代表雑誌】
    • non・no(ノンノ) / anan(アンアン) / CanCam(キャンキャン)

お姉系ギャル/おねギャル系

おねギャル系

茶髪、ガングロなどのギャル系を卒業した、高級ブランドなどで大人っぽいスタイル。

  • 【代表雑誌】
    • ViVi(ヴィヴィ) / SCawaii!(エスカワイイ) / 小悪魔ageha(アゲハ)[休刊]

姫ギャル系

姫ギャル系

雑誌「小悪魔ageha」が開拓したスタイル。ギャル色が非常に強く、「キャバクラ嬢をフィーチャーした」スタイル。

独特の盛りヘアーに派手なメイク、ラインストーンがびっしりついたネイルや携帯(デコ電)を持つことが多い。

  • 【代表雑誌】
    • 小悪魔ageha[休刊] / 姫スタイル / Betty(ベティー)

ギャル・大人ギャル系

辛口系ギャル。旬のアイテムを取り入れたMIXカジュアルなスタイルからカワイイorセクシーなファッション

  • 【代表雑誌】
    • JELLY
スポンサードリンク

ギャル系

2000年頃は、原色、派手、色黒い、薄着などが当てはまる10代の女性が中心のスタイルだった。

近年ではその「ギャル」とは対極にあった「清楚」や「ナチュラル」といったワードが躍り、ギャル雑誌に登場するモデルも白肌のナチュラルメイクが目立つ。

「109」で売っているようなファッションをしていることから109系とも呼ばれる。

ギャルのトレンド

年代 説明
1996年頃 歌手の安室奈美恵をお手本とした“アムラー”などのコギャルブーム
1999年頃 日焼けサロンで肌を焼いた“ガン黒”ギャル
2000年頃 黒肌に金髪、白い唇という“ヤマンバ”が登場し、ギャルはド派手なルックスに
2010年代 益若つばさ、くみっきーといったアイコンの出現と共に、お人形のような“甘めGAL”が主流

※ 2013年、2014年にギャル雑誌「egg」「Happie nuts」「小悪魔ageha」「姉ageha」「I LOVE mama」「EDGE STYLE」「KATY」「SOUL SISTER」「Majesty JAPAN」などが休刊

  • 【代表雑誌】
    • Ranzuki(ランズキ) / JELLY / Popteen(ポップティーン) / egg(エッグ)[休刊] / BLENDA(ブレンダ) / GLAMOROUS(グラマラス) [休刊]
  • 【主なブランド】
    • BLUE MOON BLUE / COCOLULU / GILFY/ JSG / LIP SERVICE
    • セシルマクビー / PinkyGirls / ジルスチュアート / エゴイスト / ALBA ROSA

きれい系

清潔感がありトレンドを適度に取り入れていて、万人受けするファッション。

  • 【代表雑誌】
    • CanCam(キャンキャン) / ViVi(ヴィヴィ) / JJ(ジェイ・ジェイ) / Ray(レイ)

キレカジ系

きれいなカジュアルのこと。

  • 【代表雑誌】
    • non・no(ノンノ) / JILLE(ジル)

カジュアルOL系

  • 【代表雑誌】
    • WITH(ウィズ) / MORE(モア)

コンサバ系

本来は、トレンドに左右されないベーシックな地味なスタイルを指す。

最近は、OL系のようなエレガントで流行を取り入れたスタイルやコンサバ色が強いファッションがお姉系とか呼ばれていおり定義は曖昧。

  • 【主なブランド】
    • OZOC / INDIVI / バーバリーブルーレーベル / ピンキー&ダイアン
  • 【代表雑誌】
    • AneCan(アネキャン) / CLASSY(クラッシー) / Seventeen(セブンティーン)

ゴスロリ(ゴシック・アンド・ロリータ )系

ゴスロリ系

ロココ主義なお洋服。悪魔的(ゴシック的)で、かつ少女的(ロリータ的)なファッション。

雑誌「KERA!」において2000年頃から使われるようになった言葉。

レースやリボン・フリルのあしらわれた服と、ヘッドドレスを付けるスタイルが主流。
黒を基調にした服装がベース。

最近の流行は、デコり、プリント柄。

雑誌「KERA!」において2000年頃から使われるようになった言葉。

  • 【代表雑誌】
    • KERA ! (ケラ) / Alice DECO(アリス・デコ)

ストリート系

街を歩く若者から生まれたギャル系の一歩手前的なスタイル。

  • 【代表雑誌】
    • Zipper(ジッパー) / CUTiE(キューティ) / JILLE(ジル) / SEDA(セダ)
  • 【主なブランド】
    • オゾンコミュニティ

Bガール系

Bガール系

ブカブカのパンツ・アフロヘアー・オールドスクール時代のゴールドのデカイ鎖など。
黒人音楽のR&Bやヒップホップ系のミュージシャンのスタイルに影響を受けたファッション。
「BLACK」「hi!BROTHER」「アメリカのBronx(ブロンクス)」「Break Dance」のBなどの諸説あり。

  • 【代表雑誌】
    • LUIRE(ルイール) [休刊] / woofin' girls(ウーフィン・ガール) [休刊]

セレカジ系

セレブ風のカジュアルファッション。

  • 【代表雑誌】
    • BLENDA(ブレンダ) / sweet(スウィート) / SCawaii!(エスカワイイ)

フェミカジ(フェミニンカジュアル)系

緩めのカジュアルファッションに、お姉系要素を加えたスタイル。古着入れたりレイヤードしたりと様々。

フェミニン系

女性らしさ、やさしさを強調したスタイル。シルエットやフリル使い、リボン使い、レース使い、花柄のプリントなどのテクニックで表現する場合もある。

  • 【代表雑誌】
    • Steady.(ステディ) / Ray(レイ)

森ガール系

「森にいそうな女の子」がベース。ゆるい雰囲気を好むファッション。

  • 【代表雑誌】
    • 森ガール / SEDA(セダ) / spring(スプリング)

ロック系

パンクロッカーのような反社会性を表現するファッション。

  • 【代表雑誌】
    • KERA(ケラ)

モード系

最新のブランドで固めたファッション。

  • 【代表雑誌】
    • GLITTER(グリッター) / inRed(インレッド)
スポンサードリンク

オススメ書籍

Copyright ©2015 .(since 2007/05/18)