最近の主な日本の地震のまとめ

死者が最も多かった地震は、1556年1月23日に中国 陝西省で発生した華県地震で、死者が約83万人以上と言われています。

世界の地震一覧は「世界の最近の主な地震のまとめ」を参照してください。

スポンサードリンク

発生年月日 地震名 マグニチュード 死者・不明者
2018.09.06  北海道胆振(いぶり)東部地震  6.7  42人 
2018.06.08  大阪北部地震  6.1  5人 
2016.04.12  熊本地震  6.5  160人 
2013.04.13  兵庫県淡路島地震  6  0人 
2012.12.07  三陸沖地震  7.4  2人 
2011. 4.11  東日本大震災の余震  7  3人 
2011. 3.11  東日本大震災  ? 9.0  15690人 
2007. 7.16  新潟県中越沖地震  6.8  68人 
2007. 3.25  能登半島地震  6.9  1人 
2006.11.15  千島列島沖地震  8.3  0人 
2005.08.16  宮城沖地震  7.2  0人 
2005.03.20  福岡県西方沖地震  7  1人 
2004.10.23  新潟県中越地震  6.8  40人 
2003. 9.26  十勝沖地震  8  48人 
2003. 5.26  宮城県沖地震  7  0人 
2001. 3.24  芸予地震  6.4  2人 
スポンサードリンク

2000.10. 6  鳥取西部地震  7.3  0人 
1995. 1.17  兵庫県南部地震  7.2  6418人 
1994.10. 4  北海道東方沖地震  8.1  0人 
1993. 7.12  北海道南西沖大地震  7.8  約230人 
1983. 5.26  日本海中部地震  7.7  104人 
1978. 6.12  宮城県沖地震  7.4  28人 
1923. 9. 1  関東地震  7.9  ? 14万2807人 

スポンサードリンク

このページを見た人へのオススメコンテンツ