タイトル画像
サイトタイトル画像

TOEICスコアアップに向けた勉強時間の作り方

学習時間がとれなかった理由は、たくさんあると思います。

undefined 「飲み会が入った」「仕事で疲れていた」「モチベーションが上がらなかった」などサラリーマンは大変なのです!

しかし、言い訳を集めても何も生まれません。

『時間がない』は『怠け者』の常套(とう)句です。

ビジネスの世界では、「仕事は一番忙しいヤツに頼め」が常識です。

有能な人には重要な仕事が集まります。「時間がない」を連発する人に、責任ある仕事は任せられません。

2時間模試に没頭できる場所を見つける

2時間連続で模試に没頭できる場所を見つけるのは難しいです。

自宅で出来る人は問題ありませんが、なぜか部屋掃除がしたくなったり、テレビをつけたりと集中力が続かない事があると思います。

そのような人は図書館に行く事をオススメします。

他の方法としては、高級感のある喫茶店などです。

細切れ時間を活用し時間を積み重ねましょう

英語学習は細切れの時間でもやれることが沢山ある勉強です。

5分、10分の「細切れ時間」を集めることが大切です。

細切れ時間の代表は

  • 通勤・通学時間
  • 移動時間
  • 待ち時間
  • ながら時間

です。

朝起きてから、寝るまでの生活を分析してみましょう。

電車の中での英語勉強法

社会人には最もオススメする勉強場所です。

通勤時間に勉強すれば、次のような良さがあります。

  • 自分への言い訳がしにくい
  • 続きやすく・挫折しにくい

椅子に座る事ができれば、TOEICの問題を腰を据えて解くことができます。

座ることが出来なくても、本を読んで単語や文法を覚えることもできます。

MP3プレイヤーがあれば、リスニングもできます。

undefined いつもは「携帯で遊ぶ」「眠ってしまう」「何もしない」です

通勤時間が片道30分、往復1時間だとすると(週休2日 休日取得21日の場合)、

1年で約240時間を無駄に過ごしています。

駅までの通勤時間

ホームでの電車の待ち時間や、駅から歩いている時間だって勉強に使えます。

5分のチャンスが6回あればそれで30分確保になります。

テレビを見る時間を減らす

毎日簡単に2時間を捻出する方法は、テレビを見ないことです。

「そんな簡単なことか」と思う方もいると思いますが、もう少し詳しく説明します。

  • テレビを毎日2時間見続けると、あなたの望むスキルは習得できますか?
  • テレビを見ていれば、5年後、10年後にあなたは有能なビジネスパーソンになっていますか?
  • 今までテレビを見てきて、何か習得してきたスキルはありますか?

答えはすべて「いいえ」のはずです。

平日平均2時間テレビを見る、休日平均5時間テレビを見るとすると次のようになります。

  • 平日:52週間 x 5日(平日) x 2(時間) = 520時間
  • 休日:52週間 x 2日(休日) x 5(時間) = 520時間

合計:1040時間

1日の活動時間(睡眠時間を引いた値)で61日分、2ヶ月間も無駄にしています。

車の中での英語勉強法

本は読めないしMP3を使った反復復習等は難しいです。

ですので、一度解いた公式問題集のリスニングパートを流しシャドーイングを繰り返しましょう。

ただし、TOEICスコアを高めるという点では効果は低いです。

その他

  • 仕事中に海外サイトを閲覧
  • 運動中にジョギングしながらリスニング
  • 昼食時にお店のテーブルで勉強
  • お風呂で湯船に浸かりながら本を読む

などなど、色々な方法が可能だと思います。

しかし、このような方法を選ぶぐらいであれば「通勤時間」と「テレビ視聴時間を減らす」で十分だと思います。

スポンサードリンク

オススメ書籍

TOEICで高スコアを取得するために役立つ書籍・グッツを紹介します。

Copyright ©2017 pl_kyo.(since 2012/09/01)