タイトル画像
サイトタイトル画像

TOEICに必要な3つの力

undefined 「映画を聞けばTOEICのスコアが上がる」
「ドラマ『フレンド』を見ればTOEICスコアが上がる」
何をしたら良いか分かりません…

何をやってもTOEICの点は伸びます。

ですが、「英語力のない人が、最小の勉強時間で、最大のTOEICスコア」を達成するには、これでは駄目です。

  • TOEICに出ることだけをやる。
  • 学習効率の高さを追求する。

このことに徹底的にこだわってください。

TOEICで高得点を取る秘訣

TOEICテストの開発、作成を行なっているETSは、TOEICだけでなくSAT(米国の大学共通入学能力試験)、TOEFL、GREなど公的に信用のある試験問題を作成する機関です。

TOEIC、TOEFLは共にバンク式の出題を行なっています。つまり、出題した問題が累積すると、そこからもう一度問題を出題する形式です。

TOEICはTOEFLの伝統より短く、出題されたことのある問題が多くありません。少ない問題数で問題バンク方式で出題レベルを一定に保ちながら、新たに問題を少しずつ作っていくという過程になっています。

問題バンク式出題の盲点は、公開された問題を分析して実際のTOEICを頻繁に受験しながら出題の原則を分析してみれば、その出題原則がある程度明らかになるということです。

これがTOEICで高得点を取る秘訣です。

TOEICに必要な3つの力

TOEIC公式サイトには次のように記載されています。

受験者の能力に変化がない限り、何度受験してもスコアが一定に保たれます

この「能力」は「英語力」だけではありません。

実際には「英語力」に加えて「受験力(情報処理能力、対策力)」が含まれています。

  • 英語力
  • 情報処理能力
  • 対策力

AさんとBさんの英語力が同じでも、Aさんが受験スキルを磨けばBさんより高いスコアを取れます。

つまりBさんは「取れるべきスコアがとれていない」という事です。

undefined 逆をいえば「英語力がなくても、対策力・情報処理能力を向上させればTOEICスコアアップは可能」と言うことですよね?

そうです(最低限の英語の基礎力は必要ですが・・・)。

対策力アップに必要なこと

このサイトで詳しく説明しています。サイトマップから順に読み進めてみてください。

誰でも知っている基本テクニックから、禁止行為スレスレのテクニックまで、TOEIC対策力アップについて説明しています。

情報処理能力アップに必要なこと

2時間以内に200問を「できるだけ多く」の正解を選ぶことのできる能力。TOEICでは情報処理能力が求められています。

そのためには、次のことを心がけましょう。

  • 日常化
  • 反復(パターンを知る:準備力)

今までできた(上達した)事を思い出してみましょう。必ず「反復」をしてきたはずです。

英語力アップに必要なこと

  • 語彙力・文法力
  • ネイティブの英語を何度も聞く
  • 継続すること(継続してこそレベルアップに繋がります)

男性向けの教訓

英会話・リスニングは感覚です!だいたいの感じがつかめればいいのです。

女性向けの教訓

文法も読解もドンドン取り組まなければ最後は伸びません。

効果的な学習プラン

英語はスポーツと同じです。毎日練習する人が勝ちます。

英語は科学と同じです。正しい方法×時間で必ず伸びます。

アウトプット練習(反復)

一度レベルが下がる(筋肉痛)がまた良くなる

記録する

学習記録をつけましょう。

学習したテキスト名、何ページから何ページまで学習したか、勉強した時間を書きましょう。

どのような勉強が効果的だったかを後で確認できます。

興味のあることを取り入れる(好き)

やる気になる文章、ポスターなどを毎日見る

誰かと一緒に学習する

スポンサードリンク

オススメ書籍

TOEICで高スコアを取得するために役立つ書籍・グッツを紹介します。

Copyright ©2017 pl_kyo.(since 2012/09/01)