オセロ(リバーシ)の必勝法(勝ち方) ~ストナーズトラップ~

タイトル:オセロ(リバーシ)の必勝法(勝ち方) ~ストナーズトラップ~

このサイトでは、オセロ(リバーシ)の勝ち方を解りやすく説明しています。初級者、初心者でも勝てるオセロ必勝のコツが満載です。

中盤及び終盤で発生する必須の手筋がストーナーです。ストーナーはアメリカ人のジョン・ストーナー氏が最初に公式戦で使ったことからこの名前がついているそうです。

ストナーズトラップ

通称ストナー(ストーナー)と言われ、隅を一個あげるかわりにもう一つの隅を取りにいくという理論で、具体的には、 X打ちをして自分の石で筋を通し、次番に辺につけて隅を取りにいくといった理論です。

ストナーのできる条件

  • X打ちをしても、相手がすぐに隅を取れない事。また、次の自分の番に辺に打てる事。
  • 相手がC打ちをしている事。自分がX打ちをした後で自分の番に辺に置いた時、相手が辺をとるとXの石がひっくり返ってしまうこと。

などです。

具体的な条件は・・・

  • 下例のように、辺(例ではa列)がC打ちをしてること。3つまたは4つ石がならんでいると、ストナーができやすい。
  • 下例のように、中辺(例ではb列)に自分の石がないこと。(あってもX打ちした後、辺に打てればOK)
  • 辺に垂直な中辺(例では7列)に相手の石があること。

などです。

ストナーのメリット

  • 自分が隅1つと2辺を取れるのに対し、相手は隅1つと1辺しか取れない事。
  • 辺を二つとれるのでかなりの確率で勝つ事ができる。

ことでしょう。

具体的に説明しましょう。「図3-1」を見てください。白番です。上で述べたようにa列に相手の石が4つあり、黒はC打ちをしています。

図3-1

ここで、白は「A」と打つのが、ストナーの手筋です。たとえ、白「A」と打っても、黒はa8には置けないことに注意して下さい。(図3-2)

図3-2

黒は「B」と打ってホワイトライン(右上がりの対角線)を切って「a8」を狙ってきますが…(図3-3)

図3-3

図3-4

白「C」でストナーの完成です。黒は「a7」に打つことができず(打ったら「a8」を白に取られてしまうため)白は絶対にa1を手に入れることができます。

この例では、白b7といった対角線を切る一手が存在したため、黒はa8の隅を取ることができるものの、白もa1と隅を取ることができ、その上1列目も自分の確定石にしていくことが出来ました。

右図を見てください。図3-4から双方が最善手を打ち合った途中結果です。黒に8列を取られていますが、白は1列目とa列の大半を自分のものとしています。

ちなみに、この後、双方が最善手を打てば白20石勝ちとなります。

ストーナーは中盤で勝負を決める、逆転を狙う等重要な手筋ですので是非マスターされることをお勧めします。

(注)
ストーナーは3手目に辺の石に当てられることが重要です。相手の2手目によってはそれができなくなることがありますので、少なくとも3手目までを読んでから実行することが大切です。(失敗すると悲惨な結果が待ってたりします。)

オススメ書籍

オセロに強くなりたい人は下記を読むことをお勧めします。

楽天市場で買う 楽天市場で買う 楽天市場で買う 楽天市場で買う

オセロ(将棋等)のプログラムを開発したい人・ゲームプログラマーになりたい人は下記は持っていて損はないでしょう。

楽天市場で買う 楽天市場で買う 楽天市場で買う 楽天市場で買う

ページの先頭へ移動

このページの人気コンテンツ

    全ページの人気コンテンツ

    Copyright ©2016 .(since 2001/11/18)