タイトル画像
サイトタイトル画像

Adsenseのクリック平均単価を上げる方法

クリック単価は分野や商品によって異なります。もっとも平均的にクリック単価が高いのは「金融・保険分野」に関連するキーワードと言われています。

クリック平均単価を上げる

日本では1クリック最低単価が7円、最高単価は1000円前後です。

平均クリック単価 キーワード
200~300円 金融・保険分野、キャッシング、ローン、損保、生保など
100~150円 就職・転職・教育、通信・インターネットの分野
50~100円 自動車・オートバイや不動産、インテリア・ガーデニングの分野
10~50円 本やCD関連

「Google Adwords キーワード ツール」を利用すれば自分で高額なキーワードを見つけることができます。

アカウントを作成してログインしてみましょう。使い方は「Adsense収益に必要なGoogleの3種の神器」に記載しています。

アカウントを作成して、「ツールと分析」から「キーワード ツール」を選びます。

単語データを分析して高額単価ワードを探す

単語を闇雲に探しても、高額単価ワードに当たる確率は、極めて低いです。

しかし、連鎖的に高いワードを発見する事は簡単です。Google Adwordsは、複合キーワードで表示されるので次のように探してみましょう。

例えば「転職」でクリック単価を調べてみます。

すると、複合キーワードに「看護」「看護師」「薬剤師」などが高額として表示されています。これは「転職ワード」が高額なのではなく「医師ワード」が高額ということになります。

ジャンルによる訪問者のパソコンスキルとクリック率

例えば、パソコン中上級者が集まるようなIT系のノウハウサイトはクリック率は低くなります。なぜなら、パソコンスキルがある人は広告と本文を人目で見分ける能力も向上しており広告が目に入ってません

料理法に関するサイトや勉強法を解説したサイトなど、IT系ではない特定のジャンルに特化したノウハウサイトが狙い目かもしれません。

中高年の富裕層が興味を持つような、旅行のサイトや、趣味である車や園芸などのサイトを作る事で、アドセンス収入を増やす事ができるかもしれません。

Googleアドセンスの都市伝説に関して

サイトと属性がマッチしなければクリックはされない?

次のようにブログに書かれている人を見かけました。

コンテンツを充実って言うけど、そう簡単には人が集まるサイトなんか作れない。
だったらクリック単価が高いサイトを作る方が、儲かるのではないか??
クリック単価が少ないのは1クリック10円とかですから。

ですが、サイトの内容と異なる広告を表示するとクリック率は0に近づきます。

表示広告の種類を設定してみる?

「収益額の割合」の数値が小さい広告をブロックする。という方法もとられています。これで、クリックされやすい広告の表示回数を増やせて、結果、得られる報酬が増えます。

例えば「数値が小さい」と判断する基準は「1%に満たないもの」で、そのような広告は表示禁止します。

ただし、Googleの公式ページには次のように書いてあります。

広告グループをブロックすると、ブロックされた広告はサイトのオークションにかけられません。
そのため、その広告スペースの潜在的な収益を押し上げず、収益にマイナスの影響を及ぼす場合があります。
また、ブロックされた広告主は今後あなたのサイトをターゲットとして設定しないことも考えられます。

収益に対してどのような影響があるか事前に検討することをおすすめします。

単価を上げるためには、スマートプライシングも重要?

「スマートプライシング」とは各サイトに何らかの方法で評価付けを行い、その結果に対して広告の単価を変えるというものです。

スマートプライシングの恩恵を受けようとするなら、Content is Kingが真実です。

コンテンツを充実させれば収入は増えるは本当か?

本当です。「Content is King」が常に真実です。

オススメ書籍

副業に役立つ書籍を紹介します。

Copyright ©2016 .(since 2012/01/22)