タイトル画像
サイトタイトル画像

日本脱出・海外移住して資産を守り幸せに生活する方法

日本より生活費の安い海外で、悠々自適な日々を送る。幸せな生活を送るために必要なことはなんでしょうか。

オーストラリアはフィリピンの70倍以上!移住のコスト比較

国名 フィリピン タイ マレーシア オーストラリア
移住難易度 易しい やや易 やや難 難しい
更新年度 永久 1年間10年間(更新可能)4年間
生活費12万~13万円15万円~18万円20万円程度住居費は日本並
食費は安い

※ 1ドル=80円、1バーツ=2.5円、1リンギット=24.5円、1豪ドル=77円で計算

各国の海外移住情報

ヨーロッパ

11カ国がリタイアメント制度を実施していますが、いずれも金額条件が高く物価も安くないので、普通の日本人には厳しい。

オーストラリア・ニュージーランド

いずれも金額条件が高く物価も安くないので、普通の日本人には厳しい。

中南米

物価は安いが、距離的にも文化的にも身近な国ではない

フィリピン

電気代が高い。人件費が安く家政婦・ヘルパーを雇って1日8時間働いてもらっても月3万円ですみます。

医療に関しては、国民健康保険やクレジットカードの保険が使えます。

タイ

生活費は日本の3分の1~5分の1ですみます。

タイ料理は日本人の口にあうものが多く、首都バンコクには日本料理店も多く、不自由はありません。

仏教国なので暮らしやすいと日本人の評判は高いです。

医療に関しては、国民健康保険やクレジットカードの保険が使えます。

マレーシア

やや裕福層向け。

物価は日本の3分の1です。

首都クアラルンプールは家賃4万~7万円でプール付きの家に住めます。

政治は安定していて、治安も悪くありません。

熱帯地方といえども、日本の夏より過ごしやすいです。

一番安心なのは、病気になっても日本の国民健康保険が使え、医療現場の技術も高いところです。

医療に関しては、国民健康保険やクレジットカードの保険が使えます。

海外移住が失敗する例

わずか数カ月で日本に戻ってしまうケース

日本の生活が頭から離れず、すぐに日本と比べたがる。こういう人は現地の生活を楽しめないので長続きしません。

また、日本での金銭感覚が抜け切れず、現地で常識はずれのお金の使い方をする人は、カモにされて財産を失う危険が高いです。

海外で済むなら、お金も日本円に換算せず、現地通貨で価値を判断できるようにならないとだめです。

海外では日本人の結びつきが日本以上

「日本コミュニティ」でうまくやっていけないと、逆にストレスになってしまいます。

新しい生活を1から始める覚悟があり、自立した人間としてふるまえる。

そういう人が海外移住には向いています。

オススメ書籍

副業に役立つ書籍を紹介します。

Copyright ©2016 .(since 2012/08/06)