ラッキー"セブン"

タイトル:ラッキー

このマジック(奇術)は技術のいらない「数理的ワーキング」です。本当は当て方にも面白い方法があるので、
追々書き足しますが、仕込みのマジック(奇術)をする為の準備として利用できそうです。

現象

カードは21枚のみ使用。
テーブルにカードを3枚ずつ表向きに並べて3列x7行の形を作ります。

相手にそのカードの中から1枚だけ心の中で選んでもらい、そのカードのある列を言ってもらいます。

カードをそろえて、再び3列x7行の形に並べ、先程心に思ったカードがある列を言ってもらいます。

これを3回行った後、相手の心に思ったカードを当てます。

種明かし

例えば上の図で観客が「ジョーカ」を心に思ったことにします。この場合「ジョーカ」の位置は「1列目」なので、「1列目にあります」とマジシャンに言うはずです。

そこで、その列を真中にして他のカードの列ではさんだ状態にしてカードを揃えます。

例えば、「2列目」「1列目」「3列目」の順で重ねたとします。

次にカードを再度3列x7行の形を作ります。この時、カードの並べ方は「1列」「2列」「3列」「1列」「2列」「3列」「1列」…「3列」の様に並べましょう。(実際並べると次のようになります。)

この時、「ジョーカ」は「3列目」にあります。したがって観客は「3列目にあります。」とマジシャンに言うはずです。

ここで注意してみてください。「ジョーカ」は「3列目の中央」にあるのが分かりますか?

観客の言った列が真中に来るように並び変えるわけですから、前回の「1列目」のカードの殆どが各列の中央に来ています。

今回は偶然2回で当たりましたが、3回この動作を行えば確実になります。(実際3回行った図です。)

間違いなく列の中央に来ています。これで観客のカードを当てることが出来ます。

出展

分かりません。教えてください。

オススメ書籍

カードマジックを真面目に学びたい人は下記を読むことをお勧めします。

居酒屋・学校などで簡単に手品を披露でき効果的なトリックの商品を紹介します。

ページの先頭へ移動

このページの人気コンテンツ

    全ページの人気コンテンツ

    Copyright ©2017 .(since 2001/11/18)