カード技法、技術における基礎知識

タイトル:カード技法、技術における基礎知識

観客を楽しませるには…

現代におけるマジシャンというものは、根本的にはエンタティナー(芸人)であり、優秀なエンタティナーは、観客を楽しませることが最大目的であります。

マジシャンとは、観客が見たり聞いたりしたいと望んでいるものを、舞台に映し出すのような存在だと言えるでしょう。

見せ方のスタイルとか方法が、手品そのものと同様に重要な役割を果たしています。

イマジネーション、 独創性、 人間性、 タイミング、 ユーモア、 誠実さ、 趣味の良さ、ショーマンシップ、 個性、 適切なしゃべり方、 上手な着こなし、 時を得た話題、などがそうです。

サーストンの三原則

  • 1.種明かしをしてはいけない
  • 2.演ずる前に何が起こるかを説明してはいけない
  • 3.同じマジック(奇術)を同時に2度繰り返してはいけない

これはハワード・サーストンが公式化したもので、 サーストンの三原則と言われています。マジック(奇術)者は観客を楽しませるべき者であると言う仮説から導かれます。種を知らないことがマジック(奇術)の不思議さを鑑賞し、マジック(奇術)を楽しむための重要な要件となるからです。

とすれば「1」は明らかであり、「2」,「3」は「1」の系として説明できます。

カードマジック(奇術)技法集

ここでは、技法を取り上げます。もちろん技法だけではマジック(奇術)としては成り立ちません。
しかし、この技法をしっかり会得し上手く組み合わせることにより、すばらしいマジシャンとなれることでしょう。

現在のカードマジック(奇術)も下記の技法を、さらに独自のアレンジすることにより構成されています。

  • 1.数理的セルフ・ワーキング
  • 2.心理的セルフ・ワーキング
  • 3.ショートカード(インジョグ)
  • 4.キーカードロケーション
  • 5.グライド(グリンプス)
  • 6.ブレイク(ブレーク)
  • 7.フォールスカウント
  • 8.フォールスカット・シャッフル
  • 9.ダブルリフト
  • 10.パーム
  • 11.フォース
  • 12.コントロール(パス)(リフト)
  • 13.チェンジ(スイッチ)
  • 14.ミスディレクション

カードマニピュレーション

カードマニピュレーションはカードマジック(奇術)に熟練した人にとって、そのプログラムの中で重要な役割を果たすものです。

これらの技法をたとえ身につけていなくとも、あなたは十分良いマジシャンになれるでしょう。
しかしながら、カードマニピュレーションの名手になることは、それだけでひとつの偉大な業績となるでしょう。
カード技法の名手になるために必要になることは、

  • 第一に、技法の注意深い分析
  • 第二に、練習

一夜漬け、もしくは一週間でカードマニピュレーションの名手になろうと望むことは不可能です。

あなたの手の筋肉は徐々に訓練されて行かねばなりません。最初はあなたの手は固く、ぎこちない動きをするでしょう。
しかし練習を重ねるにつれ、動作はより簡単に出来、より自然に見え、最後には優雅にそして見事に行える様になっているのです。

これらの技法を練習していくにつれての素晴らしい進歩に、あなた自身もたいへん喜ばれることでしょう。
手の乾きやすい体質のマジシャンは、カードマニピュレーションを行う前に手にグリセリンか、スキンローションを塗りこんで調整しています。

オススメ書籍

カードマジックを真面目に学びたい人は下記を読むことをお勧めします。

居酒屋・学校などで簡単に手品を披露でき効果的なトリックの商品を紹介します。

ページの先頭へ移動

このページの人気コンテンツ

    全ページの人気コンテンツ

    Copyright ©2017 .(since 2001/11/18)