Mr.マリックの手品の種明かし:奇跡のカード

タイトル:Mr.マリックの手品の種明かし:奇跡のカード

このマジック(奇術)は2002年1月2日TV番組「超超オフレコ」の中でMr.マリック氏が演じ、種を明かさなかった超魔術(?)です。

即席で演じることが出来、結果が分かりやすく、技術を要しません。それでいて非常に綺麗なマジック(奇術)なのでここで紹介します。

分からないと指摘があったので一応動画を載せました(2004/10/30更新)。

動画 ファイル:924k(QuickTime が必要です)

サイズを小さくするために、セリフの間も一切無く、何をしているのか分からないまま終わってしまいます。ただ、雰囲気は伝わると思うので参考までにどうぞ。

現象

カードを20枚だけ取り出し、観客にその20枚を自由にシャッフルさせます。

その20枚をマジシャンは受け取り、カードの表を見ながら「表向き」「裏向き」に適当に混ぜてしまいます。(TVでは「カードを裏表バラバラに混ぜていきます」と言いながら行いました。)

さらに観客に、バラバラに混ぜた20枚から4枚ずつ取り出し「『裏向き』に重ねていきますか?
それとも『表向き』
に重ねていきますか」と問いかけます。(これをTVでは2度繰り返しました。)

その裏表バラバラのカードをさらに順に「上」「下」と分けて抜き取り、2つの山を作ります。
それを「どちらをひっくり返しましょうか」と観客に尋ね、言われた方を上にして1つの山にします。

表裏バラバラにしたカード20枚を広げると「A」が4枚だけ表向きになっています。

種明かし

これは「数理的セルフ・ワーキング」です。秘密は最初の表と裏をバラバラに混ぜる
所にあります。

しかしその前に、とりあえず選んだ20枚に「A」が4枚無ければ意味がありませんので、
トップに裏向きに4枚重ねて置いておきましょう。

つぎにデッキから20枚カードを取り出し、バラバラに混ぜているように見せかけ、
次の処理を行います。

  • 20枚のカードを表向きにし、1枚1枚見ていきます。
  • この時、1枚目から「裏表裏表…」と心の中で口ずさみ「裏」の場合のカードを引っくり返します。
  • 但し「A」の場合のみ、(2)の操作の逆を行い「表」の時裏返します。

この動作を自然に、そしてリラックスしてバラバラに裏返している様に
演じる必要があります。

実際、これで「上下上下…」とカードを分けて、抜き取り一方のデッキを裏返し
もう一方のデッキに重ねれば、「A」のみ表向きで現れます。

この後4枚ずつカードを「裏向きでテーブルに置きますか?それともこのままテーブルに置きますか?」
と観客に尋ねます。そして、観客の意思によってカードを重ね置いていきます。

ここでカードの順がバラバラになったと思うかもしれませんが、そうではありません。

1枚ずつ尋ねたのならバラバラになりますが、4枚ずつと言うのがミソでこのマジック(奇術)では
特に問題が起きないのです。

この後、カードを「上下上下…」と上と下に順に1枚ずつ分けていきますが
(この時「また上下バラバラにしていきます」と言っていました)、
これも重要で、分けたカードを抜き取りひっくり返せば「A」だけ表向きに自動的に
なっています。

TVでは、ここで「A」の変わりに「ロイヤルストレートフラッシュ」の
カードだけ表向きになる演出も見せてくれましたが、基本は同じです。

出展

スティーヴ・フリーマンの「ロイヤルストレートリバース」

オススメ書籍

カードマジックを真面目に学びたい人は下記を読むことをお勧めします。

居酒屋・学校などで簡単に手品を披露でき効果的なトリックの商品を紹介します。

ページの先頭へ移動

このページの人気コンテンツ

    全ページの人気コンテンツ

    Copyright ©2017 .(since 2001/11/18)