あなたの選んだカード予言します

タイトル:あなたの選んだカード予言します

原作は「ナポレオンズ」のお二人が「笑点」で演じていたコメディー・マジック(奇術)です。
非常に分かり易く、面白いカードの予言方法なので、それを少し手を加えて簡単に紹介します。
観客の数は10人から50人程度の前でも行うことが出来るので「サロン・マジック」と呼べるでしょう。
(大きなカードを使っても「ステージ・マジック」には少々辛いかもしれません。)

現象

封筒に入った予言が用意されています。予言は間違っているように思えたのですが、
予言が目の前で変化します。

演じ方

準備が必要です。

  • 予言の入っている封筒(30x40cm程度の封筒に「予言」と書きます)
  • 30x130cm程度の長い画用紙

まず、画用紙に次のように書きましょう。(但し、「3」のマークは別画用紙を切って貼り付けます)

この時、「3」のマークは「8」を作って縦に半分に折ったものを糊付けします。

出来上がったら、ちょうど「ダイヤの3」の形になるように、3つ折りか4つ折りにして封筒に入れます。

準備が終わったら、実際に演技を行います。

まず、フォースを利用して観客の一人に「ダイヤの8」を選ばせましょう。

「そのカードを自分だけが見て、裏向きにしてカードを胸に当ててください」とマジシャンは言います。

「今日は、貴方の選んだカードを『予言』をしてきました。」と言い、「予言」と書かれた封筒を取り出します。

「この『予言』と貴方の選んだカードが一致していれば拍手ものです。さて、どうでしょうか?」
と言いながら、封筒から画用紙を取り出します。

「ジャーン!予言は『ダイヤの3』です。さあ、そのカードを皆さんにお見せください。当たっていますか?」
と観客に尋ねます。

観客は勿論「違います。」と言うでしょう。

「あらっ、残念。間違ってしまいましたか…。しかしマジシャンと言うものは
失敗はいけません。選んだカードは何でしたか?」

「『ダイヤの8』ですか。惜しいですね。何とかしてみましょう。」
と言い、勢いよく画用紙を広げます。この時、「3」の数字も広げて「8」に直しておきましょう。

「どうですか?当たりですね。言った通り、決してマジシャンは失敗はないのです。」

演じるに当たって注意があります。

  • 画用紙を広げるときは一瞬でダイヤの数を「3」から「8」にしたいので、画用紙の上の部分を片手で持ち、つかんでいた折り曲げ部分をと同時に離しましょう。
  • テンポが重要となってきます。そして観客に「間違えた」と思わせ、「ドッ」と笑いが出るように工夫しましょう。

出展

ナポレオンズのお二人の実際に演じたコメディー・マジック(奇術)

オススメ書籍

カードマジックを真面目に学びたい人は下記を読むことをお勧めします。

居酒屋・学校などで簡単に手品を披露でき効果的なトリックの商品を紹介します。

ページの先頭へ移動

このページの人気コンテンツ

    全ページの人気コンテンツ

    Copyright ©2017 .(since 2001/11/18)