シャッフルカード当て

タイトル:シャッフルカード当て

知人の演技で初めて見ました。現象としては「数理的セルフ・ワーキング」ですが、裏表バラバラに混ぜて当てる形をとるため、観客に不思議さを与えることができます。

現象

カードを3等分して、好きなデッキを選んでもらいます。

選ばれたデッキから、カードを1枚抜いて覚えてもらい、トップに返します。

選ばれなかったデッキは引っくり返し、裏返しのデッキを挟むように3つを重ねます。

更にその後2つにデッキを分けます。

リフルシャッフルを行い、1度カットをして観客の覚えたカードを当てます。

種明かし

裏と表を一緒に混ぜてしまった様に見えますが、実際には違います。

一連の操作を行うと、次のようなカードの順になっています。

ここで観客の選んだカードは表向きのカードが最も続いた最後の裏向きのカードです。

但し「3つにデッキを分ける」「2つにデッキを分ける」動作はほぼ同じデッキの枚数にしましょう。また、リフルシャッフルも1枚ずつ均等に混ぜるつもりでシャッフルしましょう。

そうすることで、容易に観客のカードを見つけることができます。

出展

Eddie Field, Jon Racherbaumer "The Artful Dodges of Eddie Field (1968) " 別冊サイエンス 数学ゲーム II

オススメ書籍

カードマジックを真面目に学びたい人は下記を読むことをお勧めします。

居酒屋・学校などで簡単に手品を披露でき効果的なトリックの商品を紹介します。

ページの先頭へ移動

このページの人気コンテンツ

    全ページの人気コンテンツ

    Copyright ©2017 .(since 2001/11/18)