グライドを使ったフォース

タイトル:グライドを使ったフォース

「グライド」はカードマジック(奇術)の中でも古い技法ですが、その使い道は広く便利です。本来はこの様な直接的な演じ方はしませんが、技法の練習として覚えましょう。

現象

カードを順にボトム(下)から1枚ずつテーブルに裏向きのまま置き、好きなところで「ストップ」をかけてもらいます。

「ストップ」をかけてもらったら、カードのボトムを観客に覚えてもらい、そのままテーブルに置いたカードに重ね、シャッフルしてもらいます。

シャッフルされたカードを返してもらい、マジシャンはカードを見事当てます。

種明かし

「グライド」と呼ばれる手法を用いて一連の動作が行われています。

「グライド」とは「ボトムのカードを抜くと思わせて実際はボトムから2番目のカードを抜く」動作を言います。

ボトムのカードを覚えておき、「グライド」を用いて2枚目以降のカードをテーブルに重ねていきます。

「ストップ」と言われて動作を止めますが、デッキのボトムは先程覚えておいたカードなので、どれだけシャッフルされても当てることが出来ます。

出展

思いついたものですが、何処かで誰かが演じていた気がします。

オススメ書籍

カードマジックを真面目に学びたい人は下記を読むことをお勧めします。

居酒屋・学校などで簡単に手品を披露でき効果的なトリックの商品を紹介します。

ページの先頭へ移動

このページの人気コンテンツ

    全ページの人気コンテンツ

    Copyright ©2017 .(since 2001/11/18)