タイトル画像
サイトタイトル画像

レーシックの医療費は控除対象か?節税対策

知らないばかりに不要な税金を払っています。

ここでは節税効果の高い7種類の控除について紹介します。申告していないならば今すぐ準備をしましょう。

レーシックのための医療費は控除対象か?

【解答】一部控除される。

医療控除は、薬代を含む治療費はもちろんレーシックのような保険外診療も認められる場合があります。

近視、乱視、遠視用のコンタクトレンズ代は控除対象か?

【解答】控除されない

眼科治療の一環で必要な場合は控除対象になりますが、自身の希望で使用するケースは対象外となります。

医療費控除

針きゅう、サプリ代・・・など思いがけないものまで申告できます。

納税本人や生計を同じくする家族や親族が1年間に支払った医療費が10万円以上(総所得額が200万円未満ならその5%以上)だと、医療費控除が受けられます。

なお、厚労省が認定した「運動型健康増進施設」であればスポーツジムなどの利用料も医療費控除の対処になります。

メタボなどでジムに通う場合は近くにないかチェックしましょう。

医療費控除の基本

控除として認めてもらうためには次の3つが前提となります。

  • 医療費にかかった領収書、レシートはすべて保管する
  • 医師の指示によるものは控除の対象
  • 治療は控除の対象、予防は対象外

控除の対象となるもの

  • 通院のためのバス、電車代等の交通費
  • 入院中の家族以外の付添い人の報酬・交通費
  • ニコチンパッチ、禁煙補助剤のガム
  • 厚生労働省認定のクアハウスなどの料金
  • 金歯などの治療費
  • 虫歯の治療費
  • 歯科ローンで支払う治療費
  • レーシック治療費
  • 風邪薬、胃腸薬などの購入費
  • 水虫治療のための塗り薬

控除の対象外のもの

  • 本人の都合で利用した特別室、差額ベッド代
  • 自家用車で通院した場合の費用
  • 栄養ドリンク、サプリメントの購入費
  • エステの費用
  • 介護用のベッドやオムツ、ティッシュ代
  • 美容目的の歯列矯正費用
  • 歯のホワイトニング代、歯垢除去代
  • 歯科ローンの利子
  • 予防注射の費用
  • 妊娠検査薬購入費

年収500万円の人で医療費15万円の人の場合、還付金5000円となります。

スポンサードリンク

オススメ書籍

節税・節約を始める・収入を向上するために役立つ書籍・CDを紹介します。

スポンサードリンク

オススメ書籍

確定申告に役立つ書籍・グッツを紹介します。

人気コンテンツ

    Copyright ©2017 .(since 2012/07/30)