タイトル画像
サイトタイトル画像

Webアクセシビリティについて

ウェブアクセシビリティ

ウェブにおいてのアクセシビリティとは、障害のある人にとって、Web ページをどのように作成すると、アクセシブルになるのかを云います。

一方、ユーザビリティとは、操作性(取り扱いのしやすさ)、認知性(分かりやすさ)、快適性(心地よさ)等を云います。

また、アクセシビリティが向上すれば、普通の人には、よりアクセシブルになり、結果的にユーザビリティが向上します。

すべての画像にalt属性を指定・TITLE要素を設定

「ウェブアクセシビリティ」とは「障害の有無や年齢などの条件に関係なく、だれもが同じようにインターネット上で提供される情報を利用できること。」を意味します。

近年インターネットの利用者が増加して行く中で、高齢者やハンディを持った方達の割合も高くなっている傾向にあります。

音声読み上げソフトなどで、メニュー部分のリンクなどが毎回読み上げられると、かえって操作性が悪くなる場合があります。

画像で表現された文字については、文字を大きく

主要なリンクに、ショートカットキーを割り当て

<a href="../" accesskey="1">サイト表紙</a>
<a href="./" accesskey="h">Webサイト作成</a>

画像には代替テキストを指定

alt="" の内容には、その画像の説明を入れるのではなく、画像の代わりとなるテキストを記述するようにします。

次のようなケースでは、必ず代替テキストを指定しておくようにしましょう。

  • その画像がタイトルや見出しとして使用される場合。
  • その画像がリンクとして使用される場合。

関連あるリンクをグループにまとめる

文字は相対単位で記述を

リンク

スポンサードリンク

オススメ書籍

HTML5、CSS3、JavaScript等の学習に役立つ書籍を紹介します。

人気コンテンツ

    Copyright ©2015 .(since 2004/1/18)