タイトル画像
サイトタイトル画像

BGMを鳴らす

BGMを鳴らす

Web上でBGMを鳴らすことは一つの演出として重要な要素です。ここでは、効果音やBGMをページを見た時に鳴らす方法について説明します。

【注意】
BGMを使うことでサイトのイメージを訪問者に伝えられるという、一種の自己満足的錯覚があったようですが、最近では、「迷惑」ということで使用を自粛するサイトが多くなりました。

BGMは、訪問者が「オン/オフ」を容易に変更できるなど、訪問者の環境を考えて使用してください。

bgsound 要素でBGMを鳴らす(インターネットエクスプローラー(IE)のみ)

ファイル名:music.html

<html>
<head>
<title>音楽を鳴らす</title>
<bgsound src="aaa.mid" loop="infinite">
</head>
<body>

<p>BGMが流れます<p>

</body>
</html>

bgsound 要素は、インターネットエクスプローラー(IE)専用の命令で、インターネットエクスプローラー(IE)で見に来た人にしか、Web ページのBGMは再生されません。ネットスケープナビゲーター(NN)ではBGMが聴けない命令です。

また、この機能はページ読み込み時に自動で音楽が流れるため、苦手とする人が多いです。

要素属性説明 bgsoundloop="*"音楽の再生回数を指定、「infinite」を指定すると音楽は無制限  balance="*"左右の音量のバランスを指定、属性値には-1000~1000の範囲  src="url"BGMに使う音楽ファイルを指定  volume="*"音量を指定、属性値には-1000~0までの範囲

この方法でWeb上で流すことができるサウンドファイルには、次のものがあります。

アイコン拡張子説明
wave.wavWindowsオーディオ形式
aiff.aiffMacオーディオ形式
au.auSunオーディオ形式
mid.midMIDIベースの音響ファイル

なかでもMIDI形式のサウンドファイルは、ファイルサイズが小さく、著作権フリーのMIDIを提供されているWeb ページもたくさんあり使いやすいので、多くのWeb ページで使われています。

embed 要素でBGMを鳴らす

ファイル名:music.html

<html>
<head>
<title>音楽を鳴らす</title>
</head>
<body>

<p>BGMが流れます<p>
<embed src="aaa.mid" hidden="false"
      align="baseline" width="128" height="128">

</body>
</html>

embed 要素は、音声や動画をページに埋め込む属性があります。srcで指定したファイルをプラグインソフトを使って音や動画の再生ができるようになります。

ミュージック再生

プラグインソフトがない場合は再生はできません。

【注意】
embed 要素は Netscape Navigator独自の要素で、HTML4.01の仕様には取り入れられていませんが、Internet Explorerにも実装されています。 
また HTML5で標準採用されるかもしれません。 
要素属性説明
embedsrc="url"再生するファイルのURLを指定
 align="*"プラグインデータの並びを指定(left、right、top、middle、bottom)
 width="n"プラグインデータの幅を指定
 autostart="*"プラグインデータの高さを指定
 loop="*"自動再生の指定(true:自動再生、false:操作再生)
 hidden="*"プラグインの表示、非表示(true:非表示、false:表示)
 border="n"枠線を指定

この方法でWeb上で使用ができるファイルには、次のものがあります。

アイコン拡張子説明
wave.wavWindowsオーディオ形式
aiff.aiffMacオーディオ形式
au.auSunオーディオ形式
mid.midMIDIベースの音響ファイル
rm.raRealAudioプレーヤーの音声データ
dcr.dcrShockwave関連ファイル
mov.movQuickTimeビデオファイル形式
mpg.mpgMPEG1動画ファイル形式
スポンサードリンク

オススメ書籍

HTML5、CSS3、JavaScript等の学習に役立つ書籍を紹介します。

人気コンテンツ

    Copyright ©2015 .(since 2003/09/08)