タイトル画像
サイトタイトル画像

メールに件名や本文を入れて送信

メールに件名や本文を入れて送信

クリックしてもらうだけで、メールを送ってもらえるようにすれば、メールを送ってくれる方も増えるかも知れません。

ただし、最近はネット上で手に入れたメールアドレスに向けて、営利目的のメールを無差別に大量配信する業者が登場しています。「SPAM メール対策方法」も確認しておいてください。

リンクを利用したメールの発信

他のページへのリンク方法」で利用した「a 要素」を利用することでメールの発信が可能です。

メール発信のためには href 属性に「mailto:」と書き、その後に受け取るメールアドレスを記入します。
ファイル名:mail.html

<html>
<head>
<title>メールの送信</title>
</head>
<body>

<div align="center">
<a href="mailto:hoge@hogehoge.co.jp?subject=件名&body=内容">
ここをクリック
</a>
</div>

</body>
</html>

上記の内容を、ブラウザで確認すると単なるリンクを張ったように見えます。

メールを送る

ここで「メールを送る」をクリックしてみてください。あなたの利用しているパソコンの「メール」ソフトに、メールアドレスが登録されていれば「メーラー」が起動します。

メーラーの起動

ここで「mailto:メールアドレス」ではなく「mailto:メールアドレス?」として、以下に次のような内容を記述することもできます。

要素説明表記方法
subject件名の欄に指定文字を設定するsubject=○○
body内容の欄に指定文字を設定するbody=○○
ccコピーの送り先を設定するcc=メールアドレス
bcc隠して送信する送り先を設定するbcc=メールアドレス

これらを連続して利用する場合は「&」で区切ります。

?subject=タイトル&body=お名前:%0D%0A住所:%0D%0A電話番号:

またbodyパラメータで「%0D%0A」を利用すると、「改行」することも可能です。ただし、インストールされているメーラーにより異なる場合があります(Outlook Express では無効)。

以上の処理は、「メール」ソフトにメールアドレスが登録されていれば実行されません。

フォームを利用したメールの発信

アンケート機能などを持ったメール発信も可能です。ただし、多くの要素、属性を学ぶ必要があるので「フォーム送信機能」を参照してください。

なお、この方法も送信者のコンピュータにメールアドレスが登録されていない場合は送信されません。

CGI/PHPを利用したメールの発信

CGI/PHP が利用可能な方にはお勧めします。ただし、プログラム知識が必要となってきますので「CGI/PHP を使ってみよう」を参照してください。

この方法では、送信者のコンピュータにメールアドレスが登録されていない場合も使用できる上、自由性が非常に高いものが作れます。

スポンサードリンク

オススメ書籍

HTML5、CSS3、JavaScript等の学習に役立つ書籍を紹介します。

人気コンテンツ

    Copyright ©2015 .(since 2000/08/10)