タイトル画像
サイトタイトル画像

CGI/PHP を使ってみよう

「 Perl/CGI 」、「 PHP 」を自宅で利用するには多少面倒です。

「 Perl 」もしくは「 PHP 」のソフトをインストールして、「ローカルサーバ」を立ち上げ設定を行う必要があります。

(3)「Apache」のインストール方法

まず、「 Apache 」をこちらのサイトからダウンロードしてください。

http://www.apache.jp/

Windows を利用されている方は、ご利用のネットワークに近い、FTP サイトもしくは、HTTP サイトのリンクをクリックし、[ binaries ]-[ win32 ]ディレクトリに移動します。

「apache_2.2.**-win32-x86.**.msi」をクリックし、サーバー上に保存します。

「**」の部分には、現在公開されている Apache のバージョン名が入ります。最新のバージョンをダウンロードして下さい。

何度も色々な内容が表示されますが「 Next 」で次へ進みましょう。

同意書が表示されます。"I accept the terms in the license agreement"をクリックし、<Next>ボタンをクリックします。

サーバーの情報を入力します。

  • Network Domain
    • サーバーのドメインを指定します。ここでは「localhost」とします。
  • Server Name
    • サーバー名を指定します。ここでは「localhost」とします。
  • Email Address
    • 自分のメールアドレスを入力します。

インストール方法を指定します。「 Complete 」を選んで、[ Next > ]をクリックします。

この画面では「フォルダ」の個所の指定をします。ここは[ Change.. ] をクリックします。

ディレクトリの場所を聞かれますので

「 Path: 」の項目に
「 C:\ 」と記述して「 OK 」をクリックします。

最後に [ Install ] をクリックします。

これで終了しました。

(4)「 httpd.conf 」の書き換え

次にデフォルトでは PHP 、CGI は稼動しないので、「 C:\Apache\conf\httpd.conf 」のファイルの書き換えを行います。

# Note that "MultiViews" must be named *explicitly* --- "Options All"
# doesn't give it to you.
#
    Options Indexes FollowSymLinks MultiViews

の部分( 335行 )を以下のように変更します。(検索をかけてファイル内を調べてください。phpのみの場合は必要ありません)

# Note that "MultiViews" must be named *explicitly* --- "Options All"
# doesn't give it to you.
#
    Options Indexes FollowSymLinks MultiViews ExecCGI

これでディレクトリ内でCGIが実行できる環境になります。

# DirectoryIndex: Name of the file or files to use as a pre-written HTML
# directory index.  Separate multiple entries with spaces.
#
<IfModule mod_dir.c>
    DirectoryIndex index.html
</IfModule>

の部分( 384行 )を以下のように変更します。(検索をかけてファイル内を調べてください。phpのみの場合はindex.cgiは加えないで下さい)

# DirectoryIndex: Name of the file or files to use as a pre-written HTML
# directory index.  Separate multiple entries with spaces.
#
<IfModule mod_dir.c>
    DirectoryIndex index.html
    DirectoryIndex index.htm
    DirectoryIndex index.cgi
    DirectoryIndex index.php
</IfModule>

これで、「http://www.サーバ名/」と記述すれば「index.html」以外でも読み込まれて表示できます。

次に、CGI が稼動するようにします。

    # If you want to use server side includes, or CGI outside
    # ScriptAliased directories, uncomment the following lines.
    #
    # To use CGI scripts:
    #
    #AddHandler cgi-script .cgi

    #
    # To use server-parsed HTML files
    #
    #AddType text/html .shtml
    #AddHandler server-parsed .shtml

の部分を以下のようにコメントを外し、変更します。(検索をかけてファイル内を調べてください。phpのみの場合は必要ありません)

    # If you want to use server side includes, or CGI outside
    # ScriptAliased directories, uncomment the following lines.
    #
    # To use CGI scripts:
    #
    AddHandler cgi-script .cgi
    AddHandler cgi-script .pl

    #
    # To use server-parsed HTML files
    #
    AddType text/html .shtml
    AddHandler server-parsed .shtml

これで CGI が稼動するようになります。拡張子は「 .cgi 」と「 .pl 」です。

加えて SSL も利用可能です。

次に、 PHP が稼動するようにします。

以下の行を追加してください。

    # To use PHP scripts:  
    ScriptAlias /php4/ "c:/php/"
    Action application/x-httpd-php4 "/php4/php.exe"
    AddType application/x-httpd-php4 .php
    AddType application/x-httpd-php4 .php4

ただし、 PHP の部分は PHP4 を利用しており、「 C:\PHP 」にインストールした方です。(C:\PHPの中に「php.exe」というファイルがあるか確認してください。「php-cgi.exe」の場合は赤い部分を書き換えて下さい。)

(5)起動方法

書き換えたら、「 C: 」→「 Apache 」の「 Apache.exe 」をダブルクリックして稼動させましょう。

この処理により、ローカルサーバが立っている状態になります。

それでは、「ブラウザ」を起動してアドレスを「 http://localhost/ 」もしくは、「 http://127.0.0.1/ 」と打ちこんでみましょう。

上のような画面が表示されましたか?

これでローカルサーバーを作ることが出来ました。

スポンサードリンク

オススメ書籍

HTML5、CSS3、JavaScript等の学習に役立つ書籍を紹介します。

人気コンテンツ

    Copyright ©2015 .(since )