タイトル画像
サイトタイトル画像

JavaAppletを使ってみよう

Java のプログラムは1つ以上の「クラス」で構成されています。

Java はオブジェクトを生成して、オブジェクト単位に処理を行うため、「オブジェクト指向言語」と呼ばれています。

(1) JavaApplet の「クラス化」の方法

クラスは実体でないため、関数(メソッド)を処理したりデータを利用すことは出来ません。

今回は「 Hello World!! 」を「クラス化」して利用するプログラムを見てみたいと思います。

では、次の内容を「メモ帳」に書いてみましょう。
この例は「 test1.java 」に 2 行追加しただけです。

import java.applet.Applet;
import java.awt.Graphics;

public class test1 extends Applet{
    
    public void paint(Graphics g){
        
        test2 test = new test2();  //追加
        
        g.drawString("Hello World !!",200, 50);
        test.Draw(g);  //追加
    }
}

同様にこのプログラムの名前は「test1.java」とします。

今回はもう1つプログラムを作成する必要があります。しかしながら、これも「test1.java」と2箇所しか変更はありません。

import java.applet.Applet;
import java.awt.Graphics;

public class test2 extends Applet{
    
    public void Draw(Graphics g){
        
        g.drawString("Hello World !!",200, 70);
    }
}

こちらの名前は「test2.java」とします。

先ほどと同様に、「 MS-DOS プロンプト」か「コマンド プロンプト」で、「javac test1.java」と打ち込みます。

「エラー」が無ければ完了です。今度は「test1.class」と「test2.class」が出来ていると思います。

次にWeb ページ上で利用するために、HTML文を書く必要があります。
前回「test1.html」を作成した方は必要ありません。

 <HTML>
 <HEAD>
 <TITLE>Javaの「Hello World!!」</TITLE>
 </HEAD>

 <BODY>

  <CENTER>

  <APPLET CODE="test1.class" WIDTH=470 HEIGHT=100>
  </APPLET>

  </CENTER>

</BODY>
</HTML>

書けたら「test1.html」と名前をつけておきます。

先ほどの「 MS-DOS プロンプト」で「appletviewer test1.html」と入力しても表示されます。

また、作成した「test1.html」のファイルを「ダブルクリック」すれば、今度は次のように表示されます。

先ほどと異なり、 2 つ「Hello World!!」が表示されています。

(2)プログラム&クラスの説明

作成したプログラムを見てみましょう。変更点は「 8 行目」と「 11 行目」の 2 箇所です。

import java.applet.Applet;
import java.awt.Graphics;

 public class test1 extends Applet{
     
     public void paint(Graphics g){
         
         test2 test = new test2();  //追加
         
         g.drawString("Hello World !!",200, 50);
         test.Draw(g);  //追加
     }
}

クラス」とは「変数や一連の処理を記述した関数(メソッド)」をひとまとめにしたものです。

つまり、今回の例では「test1」「test2」と言う2つの「クラス」を定義したことになります。

しかしながら「クラス」は実体ではないため、関数(メソッド)を処理したりデータを利用したりすることは出来ません。

これを可能にするためには、「クラス」を利用して「オブジェクト」を生成する必要があります。

「オブジェクト」の生成は、

クラス名 オブジェクト変数  = new クラス名 ;

と記述します。( 8 行目)

「オブジェクト」とは「クラス」を元に作成された「実体」で、クラス内の関数(メソッド)やデータを利用することが出来ます。

利用できるようになった「オブジェクト」を用いるには、

オブジェクト変数 . データ変数 ;
オブジェクト変数 . メソッド名(引数) ;

のように記述します。( 11 行目)

したがって、「test.Draw(g);」によって、「test2.java」のプログラムの「Draw」関数が呼び出され、「Hello World!!」がX軸(右)に「200px」Y軸(下)に「70px」に表示されたのです。

スポンサードリンク

オススメ書籍

HTML5、CSS3、JavaScript等の学習に役立つ書籍を紹介します。

人気コンテンツ

    Copyright ©2015 .(since )