タイトル画像
サイトタイトル画像

Adsense収益に必要なGoogleの3種の神器 Analytics / Adwords / ウェブマスターツール

サイト収益向上に便利なGoogleのツールを紹介します。

Googleが提供するの3種の神器

サイト収益を得るには、Googleアドセンスだけ使っておけばよいですが、アクセス数を上げる素晴らしいツールが沢山あります。

  • Google Analytics -ユーザの行動を追跡する-
  • Google Adwords -クリック単価を知る-
  • Googleウェブマスターツール -サイトマップ登録でアクセス数アップ-

Google Analytics -ユーザの行動を追跡する-

アカウントを開設したら、アクセス解析を行いたいページに集計コードを貼り付けることで、すぐに「アクセス解析」が行えます。

Google Analytics を使えば、次のようなことが分かります。

  • ホームページの訪問数や何ページ見ているか?
  • どのページに人気があるのか、または不人気なのか?
  • 訪問者はどこからアクセスして来たのか?
  • どのようなキーワードで検索してたどり着いたのか?
  • 売り上げに繋がっている検索キーワードは何か(Google Adsenseと連動)?
  • 訪問者が、どのリンクから別サイトに逃げているか?

「アクセス解析」のサービスは「忍者ツールズ」など昔から色々とあります。

Google Analytics 「今まさに誰が何のキーワードでアクセスしているか?」なども分かるようになり、更に便利になりました。

Google Adwords -クリック単価を知る-

各サイトの広告枠にサイトの内容に合わせて広告を掲載するためのサービスです。

Google AdWordsではオークション方式の値付けが行われ、広告主たちがキーワードの値段を競ることによって、より好位置に広告を掲載してもらいます。

サイト運営者が Google Adwords を使えば、次のようなことが分かります。

  • クリック単価の高額なキーワードを探す 事ができます。(Google AdWords : キーワードツール
  • 1年・1ヶ月の間にユーザーが検索したキーワードの索件数を探す 事ができます。
  • 検索キーワードの人気度(競合度)が 分かります。
  • キーワード、上限クリック単価、1日当たりの予算から、1か月あたりの予算とクリック数を算出してくれます。(Google AdWords : 診断ツール
  • キーワードに対し、広告が表示されているかどうかを調べられます。(Google AdWords : 御見積計算ツール

海外ではスクリプトを組んであらゆる単語の組み合わせで総当たり戦を行い、最もクリック単価の高いキーワードを出して一覧表にしている人もいるようです。

アカウントを作成して、「ツールと分析」から「キーワード ツール」を選びます。

好きな検索キーワードを入力して「検索」ボタンを押せば、そのキーワードでのおおよそのクリック単価が分かります。

例えば「看護 転職」で検索する人が月に30万人おり、広告の1クリック単価は平均「1200円」だと知ることができます。

Googleウェブマスターツール -サイトマップ登録でアクセス数アップ-

XMLサイトマップを設置することで、検索エンジンがサイト上のページをより確実に認識することができるようになります。その無料ツールがGoogleウェブマスターツールです。

サイト運営者が Google ウェブマスターツール を使えば、次のようなことが分かります。

  • ブラウザ上でキャッシュやRobots.txt解析、リンク切れが調査できます。
  • どのような検索語句でGoogle検索上で表示が1位なのかが分かります。
  • そのキーワードがGoogleで何件検索されているか、そこから自分のサイトに何人訪問しているかが分かります。

「検索キーワード」「表示回数」「先週との順位」「クリック数」「平均掲載順位」などを知ることができます。

例えば「vi 検索」という検索キーワードは「1300回」検索され、そのうち「1000回」は私のサイトを訪問していることが分かります。そしてGoogle検索で私のサイトは1番目に表示されている事を確認できます。

サイトマップ作成サイト

スポンサードリンク

オススメ書籍

HTML5、CSS3、JavaScript等の学習に役立つ書籍を紹介します。

人気コンテンツ

    Copyright ©2015 .(since 2012/02/29)