タイトル画像
サイトタイトル画像

Web ページの転送方法

Web ページの転送方法

これまでWeb ページを作成してきました。いよいよ ネット 上へ公開してみましょう。

このためには、まず自分の契約している「Web ページ・スペース」と「転送ソフト」が必要になります。

【注意】
「Web ページ・スペース」とは、Web ページのデータを置くためのWebサーバ のことです。通常プロバイダと契約した際、メールアドレスと共に提供されています。たとえ提供されていなくても、無料でレンタルできるサイトが多くあります。

転送ソフト「WinSCP」の使い方

ネット上に公開するには、「転送ソフト」が必要です。「転送 ソフト」は「窓の社」サイトから無償で手に入ります。

ジャンプ

ダウンロードが完了したら「winscpXXXsetup.exe」ファイルをダブルクリックします。

ジャンプ

「インストーラー」が立ち上がりますので、指示にしたがってインストールして下さい。(特に問題無いので、全て「次へ」を押してもらって構いません。)

インストールがすんだら「ショートカット」がデスクトップ上にあると思います。

ジャンプ

起動したら「新規」を選択して、登録を行います。

ジャンプ

自分の持っているホストの「アドレス情報」を登録します。

ジャンプ

記入できたら「 保存 」を選択しましょう。

新しく登録された「ホスト名」があると思います。接続したい「ホスト名」を選んで「ログイン」をクリックしてください。

「接続」が上手くいけば、「接続先」のディレクトリが表示されます。

任意の「ディレクトリ」に移動して、手元のパソコンにある転送したい「ファイル」をドラッグ&ドロップすることでファイルを転送可能です。

ジャンプ

終了したら「ブラウザ」で確認してみましょう。

スポンサードリンク

オススメ書籍

HTML5、CSS3、JavaScript等の学習に役立つ書籍を紹介します。

人気コンテンツ

    Copyright ©2015 .(since 2002/02/28)