タイトル画像
サイトタイトル画像

「タグ」って何だろう?

「タグ」って何だろう?

先ほど作成した HTML文章を具体的に見ていきましょう。


HTML文書はタグの集まり

「メニュー欄」の「表示(V)」から「ソース(C)」を選択しましょう。

名前をつけて保存

先ほど作成したHTML文書が表示されると思います。

メモ帳

この中で <html> や <head> などのように<英字>(上図では青くなっている)の文字列を 「タグ(Tag) 」と呼びます。

また「タグ」は「命令の始まりと終わり」を意味するものでもあり、HTML文法上では、これらはそれぞれ「開始タグ」「終了タグ」と呼ばれています。
<命令> 文章やイメージなど </命令>

開始タグの文字列にスラッシュ(/)をつけたものが終了タグです。

<命令>~</命令>で挟まれた部分のことを「要素(element)」といいます。 HTML はこの要素単位で文法を把握し、ブラウザはこれを表示します。

HTML文書の基本要素

HTMLは、その内容を「要素」という単位でとらえ、それぞれを「タグ」という文字列で識別します。

html文書

このため、典型的なHTML文書は、以下の図のようにHTML要素の内に本体が記述されます。

要素

<html>~</html>はHTML文書の開始と終了をマークします。他の要素はすべてこの中に書き込まれます。

基本的にその後に<head>~</head><title>~</title>を書き入れます。<title>~</title>は、参照したり文章の内容を識別するために用います。また、ブラウザの「お気に入り」の登録名にもなります。

<body>~</body>には、文書の内容が含まれます。この要素内に、テキスト・画像・色・図等の内容物を記述します。

<h1>~</h1>は見出しをつけるための要素です。その章・節で述べられる話題を短く記すために利用します。このタグについては「文字の大きさを変えてみよう」で詳しく説明します。

<hr>は罫線をレンダリングするタグです。このタグには「終了タグ」はありません。このようなタグを「空要素タグ」と呼びます。

メモ帳

以上のタグの意味は分かりましたか?HTML文書は今見てきたような形式から構成されいます。

【注意】
「HTML」の規格を策定している World Wide Web Consortium(W3C)によると、実際には1行目に「HTMLバージョン情報」を表す「文書型定義」が必要です。 しかし、初めて作成される方が混乱しないように除いています。
興味がある方や、学術目的の方は「厳密なソースの書き方」「HTML5を覚えよう」も合わせて参照ください。

上記の例で用いた「タグ」の説明をまとめると次のようになります。

<html>~</html>

HTML文書の開始と終了

<head>~</head>

文書自身のコンテンツ以外の要素(ブラウザへの指示)を記入する

<title>~</title>

文書の内容を識別するためのタイトルを記入する

<body>~</body>

文書の内容を記入する

<h1>~</h1>

見出しを記入する

<hr>
罫線をレンダリングする

タグは大文字か?小文字か?

HTML では、<>の中の英字は大文字でも小文字でもかまいません、また混在することも可能です。

例えば、<html>、<HTML>、<Html>、<hTmL>はどれも同じ機能のタグとして通用します。

ただし、XHTML では、タグはすべて小文字で記述することになっており、最近では HTML でも小文字に統一していく傾向があるようです。

スポンサードリンク

オススメ書籍

HTML5、CSS3、JavaScript等の学習に役立つ書籍を紹介します。

人気コンテンツ

    Copyright ©2015 .(since 1999/09/30)