タイトル画像
サイトタイトル画像

まずは、真似をしてみよう!

まずは、真似をしてみよう!

Web ページの正体は、HTML の規則に従って記述された HTML文書だと分かりました。

では早速、実際に「メモ帳」を起動してHTML文書を書いてみましょう。

「メモ帳」に打ち込んでみよう

「メモ帳」は、通常、「スタート」メニューの、「プログラム」の「アクセサリ」の中にあります(詳細)。

「メモ帳」を起動したら、次のように打ち込んでみましょう。

メモ帳

これだけ書けたら、「メモ帳」の「ファイル(F)」から「名前をつけて保存(A)」を選びます。

名前をつけて保存

名前を「index.html」 か「welcome.html」として保存しておきましょう。

「index.html」 と「welcome.html」はトップ(扉)ページを表します。 最初のページは必ずこのファイル名となっています。

保存
「.html」は拡張子と言います。「.htm」でもかまいません。   「.html」はWeb ページを作る時のお約束です。必ずファイルの名前の最後に記入しましょう。

ここまでの作業が上手くできたら、次のようなアイコンが保存場所に作られているはずです。

index.html

このアイコンをダブルクリックすれば、次のようにブラウザに表示されます。

index.html

できましたか?次は、先ほど記述した HTML文章の中身を具体的にみていきましょう。

スポンサードリンク

オススメ書籍

HTML5、CSS3、JavaScript等の学習に役立つ書籍を紹介します。

人気コンテンツ

    Copyright ©2015 .(since 1999/09/30)