タイトル画像
サイトタイトル画像

TOEICスコアは世界中で通用するのか?

TOEICはグローバルスタンダードではありません。

undefined 公式サイトには約60ヶ国で実施されていると書いてありますが?

そもそもTOEICは、米タイム社アジア総支配人を務めた北岡靖男氏が、米国の非営利団体ETSに依頼されて開発された日本人向けのテストです。

TOEIC受験者は、8割弱を日韓が占めています。

現在の受験者数

  • 日本 65%
  • 韓国 12%
  • その他 23%

欧州やインドではブラッツ(BULATS)が存在感を増しています。

※ BULATS : Business Language Testing Service

BULATSの内容構成

BULATSは、公益財団法人日本英語検定協会とケンブリッジESOLが共同開発したテストサービスです。

実際のビジネスシーンに必要な英語でのコミュニケーション能力を測定します。

この試験は「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つの言語技能すべてを評価することができます。

【参考】日本英語検定協会 BULATS

おとなり韓国では?

韓国では国家手動での新英語テスト導入に踏み切っています。

2012年よりスピーキング、ライディングを含む4技能を試す「国家英語能力評価試験(NEAT)」をスタートしました。

※ National English Ability Test(NEAT)。2011年1月29日にソウルを含む18都市で施行・実施された

NEATの内容構成

NEATの最大の特徴は、スピーキングとライティングの導入です。

NEATは3つのタイプのテストを提供します。

  • レベル1 大人向け(ビジネス英語スキルを評価する)
  • レベル2 高校生向け(国際的な調査、各分野の道を歩むために必要なスキルを評価する)
  • レベル3 高校生向け(毎日の英会話スキルを評価する)

レベル1は 137分で96の質問に答えます。

※ TOEFLは225分で104の質問、TOEICは2時間で200の質問に答える

スポンサードリンク

オススメ書籍

TOEICで高スコアを取得するために役立つ書籍・グッツを紹介します。

Copyright ©2019 pl_kyo.(since 2012/09/01)