タイトル画像
サイトタイトル画像

最近のTOEICの傾向

最近のTOEICの変更点を掲載しておきます。

undefined 色々と制約が増えたり問題傾向が変わっていますね。知りませんでした。

韓国では就職・昇進のためにTOEICスコアを必須とする団体が多く、対策・裏技ばかりが流行していました。

日本でも韓国の対策本が多く出まわるようになり、ETS(Educational Testing Service)が次々と対策を導入しているためです。

2013年からの変更点

  • 1月よりTOEICの試験回数が年11回となります。

2012年からの変更点

大きなインパクトとしては「パート1、2のディレクション(Directions)の時にパート5を解く行為が禁止」となりました。

  • 10月に「試験問題の再現の禁止」を理由にETSから答え合わせラジオ放送に警告が発せられる。
  • 9月から「リスニングの時間にリーディングの問題を解くことが禁止」が公式に禁止となる。
  • 9月はテストフォームが 3種類(4IIC21(ピンク)、4IIC22(緑)、4IIC23(青))となる
  • 1月(第168回)から「試験問題の再現の禁止」が追加される。
  • 1月から「TOEICの試験回数が年10回となります。
  • パート7の長文が長くなり、ダブルパッセージまで辿りつけない人が増えた。

2011年からの変更点

  • 6月頃 Part7で「手紙には何が書かれているか?」などが増えた(本文読んで選択するのが大変)
    • 一部しか読まなくても解ける問題が減り、文章全体を読まないと解けない問題が多く見られるようになった
  • パート7の長文が長くなり、ダブルパッセージで3題解けない人が増えた

2010年からの変更点

  • パート7の長文が長くなり、ダブルパッセージで2題解けない人が増えた

それ以前

  • 2007年1月21日にTOEIC スピーキングテスト / ライティングテストを東京・大阪・名古屋等の主要都市で初めて実施した
  • 2006年5月頃は 3、4種類の問題フォーム(形式)が存在していた
  • 2006年頃は長文で図・グラフを見て解く問題が複数存在していた
スポンサードリンク

オススメ書籍

TOEICで高スコアを取得するために役立つ書籍・グッツを紹介します。

Copyright ©2019 pl_kyo.(since 2012/08/01)