タイトル画像
サイトタイトル画像

CGI/PHP を使ってみよう

では CGI/PHP を実際に作ってみて、正しく動作するか確認してみましょう。

(1)「 Perl5/CGI 」での「 Hello World! 」

では早速「 Perl5 」を用いて CGI を作ってみましょう。

 #!C:/Perl/bin/perl
 # Perlで実行されるプログラムを表す

 # HTMLの文書であることを表す
 print "Content-type: text/html\n\n";

 print "<HTML>\n";
 print "<TITLE>Hello World</TITLE>";
 print "<BODY>\n";
 print "Hello World !!";
 print "</BODY>\n";
 print "</HTML>\n";

上記の内容を「メモ帳」などのエディタに貼り付けて「test.cgi」という名前をつけて保存(保存方法はこちら)します。

保存場所は「 C:\Apache\htdocs 」のフォルダの中にしてください(※「 Apache 」のインストール方法 を見た人のみ)。

Apache を立ち上げて、作った CGI をブラウザで見ると次のように表示されるはずです。

なお、アドレスは「http://localhost/test.cgi」もしくは「 http://127.0.0.1/test.cgi 」となります。

表示されない場合は、インストール方法、およびプログラムの記述間違いの可能性があります。

(2)「 PHP 」での「 Hello World! 」

PHP の場合は、以下のソースを記述してください。

 <HTML>
 <HEAD>
 <TITLE>Hello World</TITLE>
 </HEAD>

 <BODY>

 <?php
     print "Hello World !!";
 ?>

 </BODY>
 </HTML>

このソースを「 C:\Apache\htdocs 」のフォルダの中に保存してください。

Apache を立ち上げて、作った PHP プログラムをブラウザで見ると次のように表示されるはずです。

プログラムを作成する上での Perl/CGI との大きな違いは、「 HTML タグを気にする必要は無い」と言う点でしょう。

PHP では、HTML 文書にそのままプログラムを挿入できます。

スポンサードリンク

オススメ書籍

HTML5、CSS3、JavaScript等の学習に役立つ書籍を紹介します。

人気コンテンツ

    Copyright ©2019 .(since )