タイトル画像
サイトタイトル画像

利息が利息を生む複利効果を学ぶ

貯蓄の目標額を「1億円」と立てたとします。

そこにたどり着く道のりは次の4つの組み合わせによって決まります。

収入 どれだけ多く稼げるか
貯蓄率収入のうち、どれだけ貯蓄に回せるか
運用率貯蓄率のお金を年率何パーセントで運用できるか
期間 何年かけて運用するか

できるだけ短期間で実現するには「収入」と「貯蓄率」を高めればよいでしょう。

収入が低く貯蓄率も運用も高く設定できないのであれば、時間をかけて長期にわたり貯蓄・運用するしかありません。

期間が長くなれば、利息が利息を生む「複利効果」の恩恵を受けやすいからです。

金利が年1%以下では、複利効果などないように見えるかもしれないが、実際には緩やかに、確実に効いてきます。

結局、資産が増えるというのは、そういうことなのです。

同じ年収でも、運用次第で結果は違う

同じ「年収500万円(額面)」でも、結果はこんなに違います。

貯蓄率10%
運用率1%
貯蓄率30%
運用率1%
貯蓄率10%
運用率10%
10年528万円 1585万円877万円
20年1112万円3336万円3150万円
30年1757万円5270万円9047万円

「貯蓄率10%×運用率10%」の場合は、31年後に1億円を突破します。

実際に複利計算をしてみよう

金利・金額・預入期間(年)を入力してください。

金利
金額 万円
預入期間
受取金額

スポンサードリンク

オススメ書籍

確定申告に役立つ書籍・グッツを紹介します。

楽天市場で買う 楽天市場で買う 楽天市場で買う 楽天市場で買う

人気コンテンツ

    Copyright ©2019 .(since 2013/04/01)