タイトル画像
サイトタイトル画像

地震保険料や火災保険(家財保険)は年末調整や確定申告で控除できるの?

知らないばかりに不要な税金を払っています。

ここでは節税効果の高い控除について紹介します。申告していないならば今すぐ準備をしましょう。

賃貸住宅の火災保険、家財保険は控除の対象になるのでしょうか?

火災保険(家財保険)は控除対象か?

家財保険料は保険料控除の対象になっていません。

このため、保険会社から控除証明書も送られてきません。

大地震に備えて加入した地震保険料は控除対象か?

【解答】一部控除される。

地震保険料は控除対象です。

知らない人が多いですが認められます。節税効果も多く入っていれば必ず申告しましょう。

特に地震保険は単独で加入することができず、必ず火災保険とセットになりますが、保険料控除できるのは地震保険の保険料部分のみなので注意しましょう。

地震保険料控除

5万円以下なら全額控除されます

比較的新しい控除対象なので、見落としている人も多いです。

加入している保険を見なおして、以下に該当するなら申告しましょう。

わからない場合は、保険会社に問い合わせてみましょう。

控除額は大きく最大5万円が認められ節税効果は抜群です。

1年間の支払保険料 控除額
5万円以下支払金額(1年間の地震保険料が5万円以下の場合は、全額が控除の対象になる)
5万円以上5万円(この場合5万円が控除。保険会社から送られてくる証明書を添付して申告)
スポンサードリンク

オススメ書籍

確定申告に役立つ書籍・グッツを紹介します。

楽天市場で買う 楽天市場で買う 楽天市場で買う 楽天市場で買う

人気コンテンツ

    Copyright ©2021 .(since 2012/07/30)